ホームページの作成方法

パソコンによるホームページの編集

パソコンでホームページを作成する方法について確認していきます。ホームページは「HTML」と言う一定の規則で書いた文字と記号を使って図や見出しや表等を記述します。この図や見出しや表毎の規則を「タグ」と呼んでいて、表示する図等に応じた「タグ」を編集して作成します。更に図や見出し等の位置や文字サイズを詳細に設定する「CSS]も文字や記号で記述します。文字や記号で記述しますので、多くはパソコンに標準で入れてある文章の編集ソフトを利用して作成する事が出来ます。しかし実際のホームページは記述した文字や記号ではなくて、図や見出しとして表示されます。そこで記述した「タグ」に応じた図や記号が、実際に見える図や見出し等の形で編集中に確認できると便利です。市販されている「HTML」編集ソフトを利用すると完成イメージを確認しながら編集できます。

他の人に見てもらうには

表示するホームページを文字や記号を用いて作成しましたが、実際に他の人に見てもらうには他に必要なものが有ります。インターネット上に公開しますので、ネットと繋がったパソコンが必要になります。そしてホームページを見たい人のスマホやパソコンに配信するソフトが必要となります。このソフトと専用パソコンをWebサーバソフトとサーバと言いますが、有料や無料で提供されていて利用する事が出来ます。企業はこのWebサーバソフトとサーバを自前で用意しますが、個人では有料や無料で提供されているものを利用するか個人のパソコンをインターネットに接続してWebサーバソフトを用意して他の人に見てもらえるようにします。個人の利用では提供されている有料や無料の環境を利用するとお手軽に作成する事が出来ます。